自立を願う父さんの半人前子育て

父として、様々なリテラシーをいつ・どうやってわが子に教えていこうかをメインテーマにしています。たまに教育・時事・資産運用についても。

娘の便秘への対策(肛門マッサージ)|6ヶ月~9ヶ月

はじめに:娘の便秘

娘は、離乳食を始めて少し経った6ヶ月の頃から便秘がちになりました。

年末年始挟んだ時、帰省先で、妻と相談して1週間目にして初めて小児科に行きました。

1週間も粘ったのは、それまで娘は普段と変わりなく、ご機嫌な感じだったからです。

診察時にお医者さんに伺った話では、1週間の便秘というのはやはり長く、「3~4日出なければ診察してほしい」とのことでした。とりあえず浣腸でうんちを出してもらいました。

その後も娘は便秘がちだったので、帰省から戻ってから改めて小児科に行きました。

治療方針

その小児科では、「排泄物であるうんちが体の中に溜まっていることは良くないこと」として、「毎日出ることが理想」という考えの下、「とりあえずうんちを出せるようになるまで浣腸のために通院してほしい」ということでした。併せて肛門マッサージを教えてもらいました。曰く、肛門マッサージをするとうんちが出てくれるようで、娘は基本的に肛門マッサージによって毎日排便できるようになりました(たまに出ない日もありますが)。

肛門マッサージの仕方

妻が小児科医から指導してもらった肛門マッサージの仕方です。1日~2日おきにやっていました。※お子さんに試される時は、予めかかりつけ小児科医から直接指導を受けられてください。

f:id:cden:20170330061412j:plain

  1. 黄色いシートをお尻の下に広げます。うんちが飛散防止用です。
  2. ベビーワセリンを綿棒(大人用でも赤ちゃん用でもどちらでも可)に適量塗布します。ベビーワセリンは安全な潤滑剤として使用できます。
  3. 着けていたおむつを広げたままで綿棒を肛門に挿入します。
  4. 綿棒で肛門内部を刺激します。
    最初は傷つけないか心配に思うのですが、綿棒を持っている指が肛門に入らない程度に綿棒を奥まで入れても大丈夫です。
  5. うんちをかき出すように肛門の内壁を刺激します。うんちが肛門近くまで来ているときは異物感を感じますし、たまに綿棒を取り出してみるとうんちが付着していることが多いです。
  6. うんちが出てきます。赤ちゃんの調子にもよりますが、5分も続ければ大体出ます。
  7. うんちの硬さをチェックします。普通のやわらかさならば正常ですが、硬ければ小児科医に相談した方が良いでしょう。
  8. お尻とついているうんちを拭き取ります。股のほうにもついていることがありますので、股も拭きましょう。

 肛門マッサージ その後

娘はなかなかうんちを自分ではしませんでしたので、2ヶ月位の間2日おきに肛門マッサージをすることで排便していました。

その後、離乳食としてお通じに良さそうなヨーグルト(赤ちゃん用)やサツマイモなど食物繊維の野菜を与えながら、肛門マッサージの2日おきが3日おきになったりしながら、少しずつですが、娘が自分でうんちを出せるようになってきました。9ヶ月の今でも、3日出なければ肛門マッサージはやっていますが、基本的には、赤ちゃんが便秘で苦しそうでなければ、様子を見ることで良いようです。

「うんちがおむつについていた!」と帰宅後に妻から教えてもらうと嬉しくなってしまう今日この頃です。

てるみくらぶ倒産:個人が旅行代理店を通して旅行をする際の留意点と旅行会社の信用力を考えてみた

はじめに

てるみくらぶ倒産で被害者9万人、金額150億・・・。被害者におかれましては少しでも被害が減るようお祈りします。
僕としては、個人が旅行会社を通して旅行をする際のお金の流れが勉強になったので備忘録としてまとめました。

てるみくらぶが資金繰り悪化で破綻したことによって損害を被っていると思われる人達の声

matome.naver.jp

旅行前に倒産の知らせを知った人達の事例

  • 旅行代金を振り込んだ
    →倒産により1%程度しか返金されない可能性が高い
  • 旅行代金を振り込み、旅行直前だった

    航空券は本人からの予約ではなく、旅行会社からの予約だから解約も旅行会社からでなければならないようだ。
    国際線は出国手続きを伴うから、セキュリティの観点から二重発券できないようになっている?てるみくらぶが解約しないと出国が不可能な状況に陥っている?

    これも、本人からの予約ではなく旅行会社からの予約だから、解約もできない。

  • 旅行中だった

    www.news24.jp
    だそうだ。通常航空券は往復で発券されるから、てるみくらぶから支払いされて出国できたのであれば、帰国もできると考えるのが自然。ただし、予約されていたホテルに泊まっちゃったら自腹切らないといけない可能性がある。

9万人の被害だから、日本の観光産業のみならず、日本人観光客をたくさん受け入れている外国の観光産業も機会損失の被害を被るだろう。

交通手段、施設予約、宿を予約してから使用するまでの一般的な流れ

予約→支払い→予約確定→使用

旅行者自身が手配:

  1. それぞれの企業で予約する
  2. それぞれの企業へ支払いをする
    お金が企業に渡り予約が確定した時点で<契約成立>
  3. 当日使用する

旅行者が旅行代理店を通す場合:

  1. 旅行代理店へ予約をする
  2. 旅行代理店がそれぞれの企業へ予約をする
  3. 旅行者が旅行代理店へ支払いする
  4. 旅行代理店がそれぞれの企業へ支払いをする
    お金が企業に渡り予約が確定した時点で<契約成立>
  5. 旅行者が当日使用する

 ということで、今回のてるみくらぶ倒産では、てるみくらぶ自身に現金がなかったために4ができなかったことになる。てるみくらぶ社長の山田千賀子社長は「倒産前日まで倒産を予想できなった」と述べているが、個人的感覚と照らし合わせると、山田社長の認識に疑問を持たざるを得ない。
 サービスを提供する企業と提供を受ける個人とのやりとりだけならばシンプル。そもそも旅行は旅行者自身がすべて手配するのが理想だ。しかし、個人がすべて旅行を組み立てるのは手間暇の掛かることであり、国際線の航空券発券やビザ取得に至っては、個人では不可能な場合もある。両者の取引を円滑にするのが旅行代理店の役割だから、今回のような問題が起こるようでは、観光立国日本の看板も下ろされかねない。

個人が注意しなければならないこと・会社のもつ信用力

旅行代理店の信用力を計る上でのスケールの一つは業界団体への加盟だ。

detail.chiebukuro.yahoo.co.jpにあるように、「社団法人日本旅行業協会(JATA)の会員会社である「ボンド保証会員」の旅行会社を選ぶことが大事だという。今回のてるみくらぶはこれに加盟していた。

www.jata-net.or.jpしかしながら、弁済限度額が1億2千万円でしかないから、151億円の損害額の前では焼け石に水だ。銀行預金のペイオフ制度のようなものはないらしい。

結局、個人として旅行会社の信用力を計るのは難しい。したがって、ハネムーンや家族旅行、記念旅行など費用が高い場合の旅行代理店との取引に当たっては、模造品、粗悪品、パチもんを掴まないために考えることのように、

  • プランが安すぎないか
  • 信用を重要視する団体と取引がありそうな旅行代理店か(J○Bや日本○行など)
  • 現在まで概ね利益を上げている旅行代理店か

などを考えて旅行代理店を選ぶことが必要かも知れない。

赤ちゃん・妻と外出する時に旦那が気をつけるべき5つのこと

f:id:cden:20170312062239j:plain

四六時中赤ちゃんの世話を家でしている妻を買い物やイベントなど外に連れ出すことは、妻のストレス解消、運動不足やコミュニケーションのために大切だと感じています。そこで、外へ連れ出すときに旦那として妻に配慮すべきこと・気をつけるべき5つのことをまとめてみました。

 1.外出先に授乳室や授乳スペースはあるか?

赤ちゃんと外出する妻にとって一番の心配事は授乳室・授乳スペースの有無です。赤ちゃんの食事タイミングは大人と違って多いです。おむつも換える必要があります。妻は常に赤ちゃんと一緒にいるためそのタイミングを把握していますが、世の旦那さんたちは分からない場合も多いのではないでしょうか?(僕はあまり分かりません)なので、外出先に授乳室や授乳スペースがあるかどうかは確認しておきましょう。
外出先にない場合、近隣の公共児童施設などもチェックしましょう。児童施設には大抵あります。また、車内もカーテンなど用意すれば授乳スペースになります

授乳室が大抵ある
大型ショッピングモール(イ○ン系、アピ○系など)、遊園地、高速道路のサービスエリアなど

授乳室がない場合が多い
商店街、街中のスーパー、ファミレス、イベント会場、古いパーキングエリアなど

便利なアプリがブックマークされていましたので紹介。

b.hatena.ne.jp

 授乳室設備はどうか?

授乳室があるといっても設備はピンキリです。

  • 必要度高い
    個室
    ベビーベッド
  • あったら良いな
    ミルク用お湯・水
    おむつ廃棄用ゴミ箱
    流し台
    体重計・身長計

特にミルク用お湯・水(水筒を携行する必要がない)とおむつ廃棄用ゴミ箱(家に持ち帰る必要がない)は嬉しいですね。

 2.外出先は禁煙・分煙が徹底されているか?

赤ちゃんには何としても副流煙を吸わせる訳にはいきません。なので、外出先は禁煙・分煙されているかどうかは確認しましょう。街中のラーメン店や焼肉屋などサラリーマン・現場従業員のたまり場は美味しくても避けた方が無難です。

 3.赤ちゃんの日常生活に沿っているか?

我が家では妻の指導で赤ちゃん時間に沿った外出をしています。門限もあります

  • 朝は7時の着替え・オムツ換え・ミルクが終わってから外出。
  • 夜は16時のオムツ換え・ミルクに間に合うように帰宅。

赤ちゃんは生活そのものに慣れていないようで、大人よりも時間に敏感です。また外出は家出の生活よりも遥かに疲れます。規則正しい生活をさせてやるためにも、外出は夕方で終わるように外出しましょう。

 4.外食はできれば個室のある所で。座敷でも可。カート使用可も入店時に確認。

授乳室のあるレストランはまだまだ少ないですが、個室のあるレストランは少なくないです。個室ならば授乳ケープを使いやすいですし、赤ちゃんがぐずっても大丈夫です。座敷は、赤ちゃんを寝かすのに都合が良いです。席は、カートが置けるかどうかを入店時に訊ねましょう。

 5.妻への気配り・声掛けを行っているか?

普段赤ちゃんと一緒にいる妻は赤ちゃんについてきめ細かく状況を把握していますので、情報共有として積極的に妻に声掛けしましょう。「○○(赤ちゃんの名前)疲れてないかな?」「おむつ大丈夫かな?」など。また、妻も家と違って他人がいる外出先では疲れますし用便なども気を遣います。旦那として思い遣ってやりましょう。

 まとめ

外出は妻と赤ちゃんにとって一大事です。赤ちゃん連れは持ち物も多くなります。荷物を持つ、抱っこするなど力のある男だからこそ率先してやって、妻・赤ちゃんと快適に外出したいものですね。

当ブログのおもなテーマ

 

はじめに

逆縁にならない限り、親は我が子よりも先に死にます。だから、子供は自立するまでに、様々な知識や技能を身に着けなければなりません。親が我が子に対してできることは、その手助けが子育てのすべてであると思います。その手助けは、子供が興味・関心により自主的に取捨選択することができるまでは親が知りうる限りの知識と技能で取り組み、自主的に選ぶことができるようになってきたらだんだん少なくしていくのが良いと思っています。

当ブログのおもなテーマ:子供の自立

このブログでは、子供の自立を促すための子育て父親の観点で考えます。子供の自立とは、大きく分けて精神的自立経済的自立です。経済的自立は働いて生計を立てて初めて成り立ちますが、そのトレーニングは小さい頃からできると思います。また、精神的自立は人が精神的に依存せず問題解決をできることで成り立ちますが、やはり小さい頃からトレーニングできると思います。このブログでは、それらの方法の例示と実践をおもに紹介していきたいと思います。

父親の観点:父性

私は父親は母親の代わりはできない、と心底思っています。泣きじゃくる子供を私はどれだけ高い高いしても泣き止ませられないのに、妻が抱いてやるとピタッと泣き止みます。子供は母親のもつ母性により大きな愛を感じているのだと思います。だから、父親父性を発揮して子供に愛情を注いでやれば良いのだと思っています。

「半人前子育て」

私は現在、初めてできた子である0歳児の父親でしかなく、子育ては妻と協力した上での試行錯誤です。「教育は国家百年の計」とあるように、子育ての評価は非常に長い時間を要します。子育ての結果自体、子供が成人するまで、いや、その子供が老いて死ぬまで確定しません。当ブログはいつまでも半人前です。したがって、教育界の偉人や子育ての先輩ブログの知見も大いに取り込みたいと思っています。

私はフルタイム勤務なので、子供と接する時間は平日朝晩と休日のみです。そんな中で妻と協力して子育てするために、このブログはまず

  • 妻が理解しやすい、分かりやすい内容(妻にも実践してもらいたいため)
  • スマホでも読みやすい内容(妻はスマホ使いのため)

を心がけたいと思います。

そして子育てを通して、家族全体で自立度を高めていけたら良いなと思っています。

終わりに:ブログ主のプロフィール

名前:あんぱん

アラフォー。東京都出身。就職を機に地方都市在住。

仕事:教育関係のサラリーマン。遅い就職(新卒32歳)、勤続中。キャリア教育や早期教育に関心あり。アドラー心理学勉強中。

家族:妻(アラサー、フルタイムのパート、育休中)、娘(0歳7か月、女の子)。

 

子育てを楽しみながらブログも楽しんでいきます!

よろしくお願いします。